×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

知っておきたい業界用語集

【朝一】朝いちばんのこと。
【あたま】音楽やナレーションなどのはじめの部分。
【アテ師】アテレコの技術者。
【アテル】セリフを画面のキャラクターにあわせて吹き込む作業。
【アテレコ】海外ドラマや外国映画の吹き替え作業。
【アドリブ】その場の即興で、台本にないセリフのこと。
【アナブース】ナレーションなどを録音するために仕切られたブース
【アフレコ】アフターレコーディングの略。セリフや音楽などを後でレコーディングすること。
【入り】スタジオや現場に入ること。
【NG】ノー・グッドの略。やり直しを意味する。
【押す】決められた長さにセリフが収まらずのびてしまったり、予定の時間をオーバーすること。
【オフ】キャラクターなどが画面に映らないこと。またマイクのスイッチが切れていること。
【オン】画面に映ること。
【オンリー】本番終了後、個々のセリフを録りなおすこと。
【返り】イヤホンから送り返される音声のこと。
【顔出し】声優(役者)がテレビなどに出演すること。
【カット】場面構成の区切り。
【上手(かみて)】客席から舞台に向かって右側のこと。
【ガヤ】大勢の人のことや、ザワザワというざわめきのこと。
【完パケ】すべての作業工程が終わり、完成した作品のこと。作品が完成すること。
【キャスト】配役。
【ギャラ】報酬(ギャランティの略)。
【キュー】きっかけの合図。
【原音】外国映画などの、もともとの出演者の声。
【コンテ】脚本をもとにセリフなど詳しく書かれたもの。
【下手】客席から舞台に向かって左側のこと。
【尺】セリフや音楽などの長さ。
【白味】アニメなどで絵が未完成の場合、時間あわせのために入れられた半透明フィルムのこと。
【素】音のない部分のこと。
【スタッフロール】映画の最後などでスタッフの名前が流れる部分。
【立ち位置】出演者などが立つ位置のこと。
【同録】同時録音の略。
【はける】その場のものや人を取りのぞくこと。
【パン】被写体が上下や左右に移動するようカメラを動かして撮影すること。
【ピン】カメラなどのピントのこと。
【俯瞰(ふかん)】被写体を上から撮影した映像のこと。
【ブレス】セリフの息継ぎ部分。
【リテイク】録り直すこと。
【ロケ】ロケーションの略。屋外での撮影のこと。
【ロケハン】ロケーション・ハンティングの略。ロケの下見のこと。

スポンサードリンク
Copyright © 声優オーディション必勝ガイド ALL Rights Reserved.